無料会員登録で閲覧可能に!

  • プレミアムコンテンツが1日1つ閲覧可能
  • 集合研修のお知らせあり

ワードアイディアを使う

皆さんこんにちは、戦略デザインラボ中小企業診断士の岡本です。さあ今日は「ワードアイデアを使うとは」ですね。前回はクロスアイデアをやりましたが、今日はこのワードアイディアを中心に紹介していきます。では早速まいりましょう。

ワードアイデアの手法

前回の続きですね。クロスアイデアを使いこなせばアイデア出しに困ることはなくなりそうですと小川さんが言っています。ただ、クロスアイデアは日頃から良いアイデアをストックしていないといけませんね。つまり、アイデアを常に集めていないとクロスアイデアを活用するのは難しいんですよ。
なので、アイデアが出てこないときにどうするかというと、もう一つの方法としてワードアイデアがあります。ワードアイデアを今日は見ていきましょう。

まず、諏訪さんがそれぞれの手元の紙に、自分が興味を引かれる言葉を10個書いてみてと言っています。これは書くことは何でもいいです。
本当に制限なしで何でも書いてみてください。できたら、次はプロモーションアイデア、前回と一緒の白馬書店のプロモーションアイデアというテーマで、今書いた言葉を無理やり組み合わせてみるということをやってみてください。

そうすると、これ全然関係のないものばかりですと天龍さんが言っていますが、例えばこの食べ放題と本屋さんで、レストランと提携するというアイデアが出てきました。こうやって、何か一見すると全然関係のない言葉でも、実は組み合わせると、一つのアイデアになることがあるんです。

これがワードアイデアのコツですね。天龍さんは恋愛と本屋でお忍び本屋というアイデアを出しましたが、これクロスアイデアと一緒で、とにかく関連付けることが重要です。覚えていますか? 新しいアイデアというものは、今あるものと今あるものの組み合わせですよね。

これに加えて、これを無理やり関連付けることが重要。つまり、どこかとどこかが関係あるんじゃないかという部分を見つけていく。そうするとアイデアはどんどん出てくるようになります。

アイデアとイノベーションの関係

これ、アイデアという言葉はイノベーションとすごい密接に関わってきます。よくイノベーターや起業家と呼ばれる方がいますが、そういった方はいわゆる組み合わせの力、そして関連付ける力がものすごく強いです。
それは天性による部分も若干ありますが、練習すると必ず上手くなるものでもありますので、ぜひ組み合わせる・関連付けるということを意識してみてください。

ワードアイデアのまとめ

では今日の解説に進みます。まずワードアイデアの具体的な方法ですが、自分が興味を引かれる言葉、これを10個書いてみてください。もう何でもいいです。何でもいいのでまず10個書いてみる。ジャンル問わずどんな言葉でもOKと書いてありますが、まさにそうです。

ジャンルは関係なしに、次から次へと出てきた言葉をまず書いてみてください。そうしたら次は、解決したいテーマと言葉を組み合わせる。今回だと本屋さんのプロモーションアイデアで、食べ放題と本屋さん、それから恋愛と本屋さんというところがテーマでしたね。
なのでこの本屋さんという部分は変えずに、その他のところを変えていく。そうすると、レストランと提携とか、お忍び本屋さんというアイデアが出てきます。

そしてここが重要ですが、これらは一見すると関係のないものですね、だけどその関係のない事柄を組み合わせる。
クロスアイデアの場合は、組み合わせる力がすごい重要なんですよ。さっきも言った通り、日頃からストックすること、つまりアイデアを貯めておくことが重要なんですが、逆にワードアイデアは、とにかく興味のあるもの、興味ある言葉をどんどん書いていき、それを組み合わせる。

だからワードアイデアはそんなに難しくないんですよ。なので、アイデアを出すときは、まずワードアイデアからやってもらって、次にクロスアイデアに進むといったやり方でも大丈夫です。いきなりクロスアイデアに進むと、そのアイデアありきなので、意外と自由な発想が出づらいんですね。ワードアイデアの方がなんかこう、突拍子もないアイデア、斬新なアイデアが出てくるようになります。ですので、このワードアイデアとクロスアイデア、ぜひ状況に応じて使い分けてみてください。

そして、一見関係のないもの。例えばさっきの話にもありましたが、飲食と本屋など、関係のないように見えても組み合わせると一つのアイデアになったりします。ぜひこの関連付けるという部分をやってみてください。

いかがでしたでしょうか。クロスアイデアは、アイデア力、アイデアのストックが大事。ただ、ワードアイデアはストックがなくても、言葉からアイデアを作れる。この両者の違いをよく覚えておいてください。

今日の講座は以上となります。また次の講座でお会いしましょう。

無料会員登録で閲覧可能に!

  • プレミアムコンテンツが1日1つ閲覧可能
  • 集合研修のお知らせあり

発想力を鍛える

    関連コンテンツ